FC2ブログ

近江八幡おっぱい塾「楽楽」

梅の花が満開を迎え、桜の蕾も大きくなりはじめてきましたね。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると慌しく気づけば新年度目前となりました。
ご無沙汰しております。近江八幡おっぱい塾「楽楽」です。
このおっぱい塾は母親の自主運営と助産師さんの協力により平成21年6月より近江八幡にておっぱい塾を開催しました。
そして今や助産師の荒川さんと13人のお世話役のお母さんの協力のもと毎月第2木曜日に開催しています。
このおっぱい塾に来てくださるお母さんの悩みは様々です。
うちの子だけでしょうか…
こんな事他に話す場がなくて…
と涙を流し話してくださるお母さんもおられます。でも話し終え笑顔で帰っていかれる姿を見てると、おっぱい塾というオアシスの必要性を感じます。
今や情報に溢れる世の中で沢山の情報を得ることができます。時に情報に惑わされることもあります。育児に正解はありません。育児は試行錯誤、一喜一憂の繰り返しなのです。おっぱい塾では先輩のお母さんたちからの育児のヒントや助産師さんからの母乳育児に必要な情報もいただけます。そんなおっぱい塾は日々頑張っておられるお母さんたちの心を癒す場でありたいと思っています。
滋賀県ではこのような活動があっていいな。という声もいただきます。物理的にお越しいただくのは困難であっても、こうしてブログでおっぱい塾の存在を感じていただき微力ではありますが心のオアシスになれば幸いです。
byお世話役さき

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2019年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。
4月11日
5月 9日
6月13日
7月11日
8月 8日
9月12日
10月10日
11月14日
12月12日

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

皆さんのお越しをお待ちしております♡

12月13日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

こんにちは、近江八幡おっぱい塾『楽楽』です。今月は15組のお母さんと赤ちゃんが来てくださいました。
今回は生後5ヶ月までの赤ちゃんが多く、赤ちゃんの月齢によって母乳の飲む回数や飲み方が違うという話になりました。
母乳が出なくて辛い思いをしているお母さんや母乳が出すぎて赤ちゃんが吐いてしまうと悩むお母さんもおられました。赤ちゃん、そしてお母さんの体質によっても人それぞれの悩みがあります。そのお母さんの気持ちは赤ちゃんに伝わります。家に赤ちゃんと二人きりだと色々悪い方向に考えてしまいます。(←私もまさにそうでした) おっぱい塾に来られたお母さんの多くは『ここに来ると我が子はいい子になる。家ではもっと泣いていて大変、その大変さがここでは伝わらない』とおっしゃいます。きっとここに来てお母さんがリラックスできているのではないでしょうか。それが赤ちゃんにも伝わっていると思います♡このおっぱい塾では下記の写真の様にお母さんの目の前に赤ちゃんを寝かせ向かい合い、みんなで円を描くように座っています。家にいるとどうしても家事が気になったり他の事へ気がいってしまいます。生活していく上で必要なことではありますが、こうして赤ちゃんとゆっくり向かい合える時間をこのおっぱい塾で過ごしてもらえたら嬉しいです。

201812192303443fb.jpeg



そして今日は参加者のお母さんのお友だちで産科病棟でお仕事されている助産師さんの参加がありました。現場は多忙でありながらも、『もっとお母さんと赤ちゃんに寄り添いたい』とジレンマを抱きながら働いていると、現場の生の声を聞かせてくださいました。
今日はもう一つ、素敵なお話をしてくださったお母さんをご紹介します。(御本人にブログ掲載をご了承いただいてます)

1歳7ヶ月の男の子のお母さん
いつも就寝前にはおっぱいが欲しいと欲求してくる息子が昨夜はその素ぶりはなく、就寝直前まで息子とたくさんスキンシップをとり「おっぱいバイバイする?」と聞くと頷きその後就寝。明方目覚め、お茶を差し出し「お母さんと乾杯しようか」と共にお茶を飲み少しスキンシップをとると再び眠った。
元々母乳はよく出る体質でこのまま卒乳となればおっぱいのトラブルが心配で、今後どのようにケアをしたらいいのか教えてほしい。と今回来られました。荒川助産師さんからは『とても素敵な卒乳のお話が聞けて嬉しいです。お母さんも子どもさんも分かり合えて卒乳へ向かっていますね』とおっしゃり、そのお母さんは『アドバイスをもらいに来たが、こうして自分のしたことを肯定してもらえて嬉しいです』と涙ながらに話されました。
何が正解なのかわからず日々育児に奮闘するお母さんたちをこうして見守ってくださる荒川助産師さんはとても心強い母の味方です。

一人で悩まず、ぜひおっぱい塾へお越しください。周りで悩んでいるお友達もお誘い合わせ、どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。
byお世話役さき
-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2019年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。
1月10日
2月14日
3月14日
4月11日
5月 9日
6月13日
7月11日
8月 8日
9月12日
10月10日
11月14日
12月12日

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

皆さんのお越しをお待ちしております♡

11月8日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

こんにちは、近江八幡おっぱい塾『楽楽』です。今月は13人のお母さんと赤ちゃんが来てくださいました。
今回は、うまく咥えさせられず搾乳して母乳をあげ続けているお母さんや、母乳を飲ませてあげたいけど出ているかわからないと不安を抱くお母さん、周囲の人に「母乳で育てているの?」と聞かれ負い目を感じているお母さんなど、おっぱいのことで悩み涙を流すお母さんたち。なぜそんなにおっぱいのことで悩むのか…それは愛おしい我が子のためを思うばかりに悩むのです。これは母になってこそ悩めること、母でないと悩めない母だけの特権よ。と荒川さんが話してくださいました。
おっぱいをあげるのは簡単なことだと思ったいた、産前にもっと知っておきたかったという声もあがりました。
私たちと同じ哺乳類の犬も猫も猿もお母さんのおっぱいを吸いすくすく育ちます。人間も同じです。情報にありふれてる世の中で、参考書と我が子を比べたり数値で評価してしまいます。しかし我が子のことは参考書には書いていません。育児の悩みは子どもの成長と共に変化し、悩みは尽きません。日々感じていることを一緒に話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。
私たちはおっぱいで悩んでいるお母さんを見落とさないようにしたいと思っています。
周りで悩んでいるお友達もお誘い合わせ、どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。
(お世話役S)
-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

12月13日
今年最後のおっぱい塾になります。
来年の日程は後日お伝えします。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

ことしんさんの入り口に掲載させていただいてます。

10月11日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

こんにちは。近江八幡おっぱい塾『楽楽』です。今月は15人のお母さんと赤ちゃんが来てくださいました。おっぱい塾には初めての方や久々に来てくださる方など様々です。

今回は卒乳についての話題がありました。
卒乳後、おっぱいを求めてくることがあります。それはおっぱいを飲みたいのではなく子どもはお母さんとのスキンシップを求めています。
母乳を飲まなくなる時期は世界平均では4.2歳と言われています。この数字を聞いて一同「へぇー」と驚きの言葉が出ました。
特に発達途上国はミルクの普及も乏しく、汚水を飲ますくらいなら母乳を飲ませるそうです。また母乳期間が長い程婦人科系のガンの発症リスクは減少するともいわれています。
母乳は赤ちゃんだけでなくお母さんにも大いにメリットがあるのです。
それぞれの家庭環境により卒乳するタイミングは違います。同じ環境で育った兄弟でさえ違います。おっぱいをあげられるのは、我が子の人生のほんの少しの期間です。その期間はかけがえのない幸せな時間ですね。

育児の悩みは子どもの成長と共に変化し、悩みは尽きません。日々感じていることを一緒に話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。
どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。 (お世話役S)

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

11月8日
12月13日


-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

ことしんさんの入り口に掲載させていただいてます。

9月13日近江八幡おっぱい塾「楽楽」


こんにちは、近江八幡おっぱい塾「楽楽」です。
9 月は 15 組の赤ちゃんとお母さんが参加してくださいました。
「 生後 1 ヶ月の 赤ちゃんを連れての初めての外出でドキドキしました。けど来てよかったです」と小さな赤ちゃんと大きな荷物を抱え大きな一歩を踏み出して下さった方もおられました。
今回は助産師荒川さんの母乳育児の基本のお話しから始まりました。生後まもない赤ちゃんのおっぱいは頻回であること、くわえ方が大切であること、また成長とともに回数が変化すること、赤ちゃんの生活リズムと授乳、など。
お母さんは皆、真剣な表情で聞き入っておられました。そのあといつものようにそれぞれの近況など話をしました。
子どもについ怒ってしまうというお悩みがありました。
先輩ママからは、「目の前で子どもが悪いことをした時にお母さんが感情を表立てると子どもは“怒られた”という恐怖だけが残りなぜ怒られたのか、内容を理解できないままになってしまう。またお母さんの怒りのボルテージは一気に上がってしまう。しかし、お母さんもひとりの人間、喜怒哀楽のある人間だから自分の感情を押し込めて我慢する育児は母自身のストレスとなるので、目の前の出来事に対しお母さんの感情を言葉にして伝えることで、子どもにもしっかり伝わり相手の気持ちを少しずつ理解できるようになるのでは」という助言がありました。

言葉では簡単に聞こえますが、“嬉しい”、“楽しい”、“悲しい”、“辛い”など目には見えないもの ( 感情 ) を言葉で伝えることはなかなか難しく思いますが、りんごの色を“赤色”と教えることと一緒なのです。
育児の悩みは子どもの成長と共に変化し、悩みは尽きません。日々感じていることを一緒に話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。

また、最近 3 人のお母さんがお世話役に新たに加わってくださいました。「自分も育児で悩んでいた時におっぱい塾で救われたので、私もお力になれれば嬉しいです」と話してくれました。
そんな心強いお世話役のお母さんと助産師の荒川さんがいる近江八幡おっぱい塾「楽楽」へ是非お越しください。 どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。       

お世話役-saki記


-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

10月11日
11月8日
12月13日

おっぱい塾「楽楽」の風景です↓
201809262156070ed.jpeg




ことしんさんの入り口に掲載させていただいてます。↓
20180926215851b00.jpeg

〜番外編〜近江八幡おっぱい塾『楽楽』

こんにちは、近江八幡おっぱい塾楽楽です。
5月のおっぱい塾楽楽に来てくださったお母さんから後日メールをいただいたのでご紹介します。
(ブログ掲載には快く承諾をいただきました)
ーーーーーーーーーーーーー

おっぱい塾で目からウロコなお話がたくさん聞けました。また私が今悩んでいる、離乳食とミルク、おっぱいの付き合い方もいいアドバイスをいただき、さっそく実践しました。
これで、わたしも息子もニコニコ笑顔で過ごせたらいいなあと思います。
5ヶ月前、息子が産まれて2ヶ月。
おっぱいとミルクの両立がどうもうまくいかず、母乳外来や、小児科、保健センターと色々と通い、色々な意見で頭がぐちゃぐちゃになり、うまくいかずに、悩みに悩み、いつものごとくインターネットで、おっぱいのことを調べているときに、たどり着いたのが、この「びわこおっぱい塾」でした。
滋賀県はまだこの赤子を連れて遠くて行けないけど、とにかく誰かに助けて欲しく無我夢中で、そこに載っている人のメールアドレスにメールをしました。すると、すぐに返信がきました。「もう私はおっぱい塾を引退しているけど、代表の荒川さんになんとか繋げてみましょうか」というお返事でした。私はその方にお願いしました。するとすぐに荒川さんからメールが届き、その晩、電話で話を聞かせてほしいとのことでした。
その夜、息子が寝てから、お電話をさせていただきました。見ず知らずの私に荒川さんは、丁寧に話を聞いてくださり、アドバイスをくださりました。私にはわからなかった、赤ちゃんの気持ちを話してくださり、涙がこぼれそうでした。次の日から実践して、あんなに悩んでいたのにたった2日でミルクを飲まずおっぱいだけでご機嫌に過ごしてくれるようになりました。
あのとき、繋げていただいた方(彦根おっぱい塾のお世話役のお母さん、うめちゃんさん)と突然の相談にも関わらず、お電話までしてくださり、荒川さんに感謝します。本当にありがとうございました!そして、やっと、今回このおっぱい塾に参加して、荒川さんに会えることができました。嬉しかったです。これからまた悩みは尽きないと思いますがよろしくお願いします。
(Nさんからのメールより)
ーーーーーーーーーーーーー

今回の巡り合わせをしてくださったうめちゃんさんは彦根おっぱい塾のお世話役のお母さんです。

うめちゃんのお子さんはもう、中学2年生。彦根のお世話役として、長い間おっぱい塾の開催に頑張ってくれたお母さんです。職場復帰後も同僚や知り合いの方の母乳育児にを応援してくれている素敵なお母さんです。
荒川も困っているお母さんがおられると、ついついお節介してしまいます。
自分も困っていた時代があるから…。
でも荒川のお節介より、お母さん自身が「我が子を母乳で育てる」と思ってくださる気持ちが一番。長らくおっぱい塾でお母さん方とふれあいながら学んだことです。
おっぱい塾にはおっぱい大好きな助産師もいますが、こんなに素敵なお世話役のお母さんがいますよ!
そして、お母さんたちに母乳で育てるための確かな情報が届くこともとても大事です。くわえ方、抱き方、授乳の回数(間隔)、ミルク補足のし方など、お母んの体の仕組みに逆らわない飲ませ方が大切ですよね。
そして育児雑誌などからは得がたい赤ちゃんの生態(?) なども知っていれば楽楽です。
長らくおっぱい塾でお母さんと赤ちゃんたちにふれあいながら学んだことです。(荒川)

と、荒川助産師さんからもメッセージをいただきました。
このように縁がありおっぱい塾に来ていただけたことを大変嬉しく思います。今こうして笑っているお母さんがあるのは、あの時我が子のために必死で頑張っていたからでしょう。
その時は必死で終わりが見えず辛い日々だったと思います。一喜一憂してる間もなく次から次へと赤ちゃんの成長と共に悩みは出てきます。おっぱい塾楽楽では妊婦さんや生後2週間〜3歳の赤ちゃんとお母さんが来てくださっています。一人で悩まず、一度おっぱい塾楽楽へ足を運んでみてください。お待ちしております。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

7月12日
8月9日
9月13日
10月11日
11月8日
12月13日

5月10日近江八幡おっぱい塾『楽楽』

皐月日和で心地いい気候の中、今月のおっぱい塾楽楽を開催しました。
今回は7名の赤ちゃんとお母さんが来てくださいました。
おっぱい塾は毎度、初めて参加くださる方が数名おられます。中でも『おっぱいのことをインターネットで検索していたらおっぱい塾を知り、来てみました』という方が大半です。
今回のおっぱい塾での一場面、あるお母さんの話を聞いていた時のことです。荒川助産師さんが、「もしかしてあの時の電話の〇〇さん⁉︎」と…。
そのお母さんは数ヶ月前におっぱいのことで困り果て、インターネットであれこれ検索し、情報に溺れ迷いながらも「これを最後にしよう…」と相談メールされたのが、なんと荒川さんにつながりその後電話やメールにて相談のやりとりをされていました。
そしてそれから数ヶ月後の今日、その方がおっぱいに悩んでる友達を連れて他府県から近江八幡おっぱい塾楽楽へ来てくださいました。荒川さんと電話で話された後、自分と赤ちゃんに向き合って工夫しながら母乳育児生活を過ごされていたようです。
他にも、医療従事者の言葉で辛い思いをしたことや、2人目が生まれたら生活はどうなるのか不安や心配事などの話も出ました。その話を聞き、自分もそんな辛い時があったなぁと共感して涙するお母さんもおられました。
育児は人それぞれ、子どもそれぞれに違い不安や心配になるのは当たり前です。だって育児に正解はありません。おっぱい塾でも正解は見つかりません。しかし、先輩ママや荒川助産師さんから育児のヒントをたくさんもらうことができ、きっと育児に活かされる時がきます。
家で1人で悩まず、お気軽に赤ちゃんのペースにあわせてお越しください。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
ことしんさん入り口は林檎が目印です!
20180601231055695.jpeg

駐車場です。
201806012311112a0.jpeg

☆車でお越しの際、駐車場は奥の方に停めていただくようご協力をお願いします。
20180601231129f88.jpeg


-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

6月14日
7月12日
8月9日
9月13日
10月11日
11月8日
12月13日


お母さんと離れて育つ赤ちゃんにミルクを届ける取り組みをしています。
この度、ご協力いたたいたミルクをお届けし、お便りを頂戴しました。
もしお子さんにミルクが不要になった方で、未開封・消費期限内のものがありましたらお知らせ下さい。
ミルクが生かされ、誰もが笑顔になれますように。
20180601231144fbe.jpeg

4月12日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

今年は昨年に比べ桜が早く咲き心地いい春の始まりかと思いきや寒暖の差が激しい日々が続きますね。春の嵐が来そうな風の中、今月の近江八幡おっぱい塾「楽楽」の始まりです。

今回は9名の赤ちゃんとお母さん、1名の妊婦さんが来てくださいました。
今回は夜間添い乳をしていて赤ちゃんは頻回に起きてしまい十分な睡眠がとれていないのではないか?という質問がありました。赤ちゃんはおっぱいを吸うことで安心し満足することで心地いい睡眠がとれるそうです。夜間の頻回授乳に心が折れそうなお母さん…「いつになったら私たちも朝までぐっすり寝られる日がくるのかな?」なんて話をしていました。おっぱいを吸っている時期は今しかありません。その今を大切に赤ちゃんと日々を過ごしたいですね。
そして臨月を迎えた妊婦さんは、2人目の出産ですが「やっぱり陣痛の痛みが怖い」と話されました。“陣痛=痛み”と捉えるのではなく、“陣痛=お腹の張り”であり赤ちゃんもお母さんに会えるのを楽しみに頑張っているのです。
妊婦さんがおっぱい塾に?と思う方もおられると思います。筆者自身は赤ちゃんを産む前におっぱい塾へ参加していたらよかったな…と思いました。そこには2つ理由があります。1つ目は、赤ちゃんを産んだらおっぱいは出るもの!と認識していたばかりに、実際の産後はおっぱいが出ず本当に辛い思いをしたからです。そして2つ目は、出産のイメージが持てず実際の出産は医療者の言われるがままの出産を経験したからです。
助産師の荒川さんの経験をもとに様々なお産の話も聞くことができます。
そして、今回もブログを見て参加くださった方もおられ大変嬉しく思います。
今や悩み事があれば、インターネットですぐに検索し沢山の情報を得ることができます。しかし、赤ちゃんは個々に違い我が子のことはどこにも載っていません。育児には正解なんてありません。日々感じていることを一緒に話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。
どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

5月10日
6月14日
7月12日
8月9日
9月13日
10月11日
11月8日
12月13日


お母さんと離れて育つ赤ちゃんにミルクを届ける取り組みをしています。
この度、ご協力いたたいたミルクをお届けし、お便りを頂戴しました。
もしお子さんにミルクが不要になった方で、未開封・消費期限内のものがありましたらお知らせ下さい。
ミルクが生かされ、誰もが笑顔になれますように。
20180422153520fbd.jpeg

3月8日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

こんにちは。
近江八幡おっぱい塾の「楽楽」です。
今月は12組の赤ちゃんとお母さんが参加くださいました。
年度末の時期であり、4月から保育園へ入園を控えている赤ちゃんも多く、中には保育園に入ったら母乳はどうすればいいの?と悩むお母さんもおられました。他にも2人目出産後、上の子の赤ちゃん返りがあり落ち着いたと思ったら再度到来。上の子にどのように接したらいいのか悩んでいるお母さん。
赤ちゃん返りは「私を構って」というサインです。ふと振り返ってみると声をかける時はいつも悪い事をした時ばかり…声をかけることで注目してもらえたと喜びを感じ悪い事がエスカレートしていくそうです。どんな時でもお母さんから積極的に声をかけてあげ、出来る事が増えたら褒めるのではなく“認める”ことが大切だと荒川さんが話して下さいました。
里帰りでおっぱい塾に参加して下さっていたお母さんが、帰省したので顔を見に来ました!と来てくださいました。「赤ちゃんを産めばおっぱいは出るものだと認識していた」「こんなにおっぱいで悩むと想像もしていなかった」とおっぱいで苦戦していた日々を振り返り、「私たちよく頑張ったね!」とお母さん同士で褒め合う姿はとても輝かしい姿でした!
おっぱいのことだけでなく赤ちゃんとの生活で悩んだり、日々感じていることを一緒に話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。
どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

4月12日
5月10日
6月14日
7月12日
8月9日
9月13日
10月11日
11月8日
12月13日

赤ちゃんのペースに合わせて、お気軽にお越しください。

お母さんと離れて育つ赤ちゃんにミルクを届ける取り組みをしています。お母さんと離れて育つ赤ちゃんに、我が子を育てられるお母さんの感謝の気持ちとともにお贈りいたします。
もしお子さんにミルクが不要になった方で、未開封・消費期限内のものがありましたらお知らせ下さい。
ミルクが生かされ、誰もが笑顔になれますように。

2月8日近江八幡おっぱい塾「楽楽」

こんにちは。
近江八幡おっぱい塾の「楽楽」です。
今月は12人の赤ちゃんとお母さんが参加くださいました。生後2ヶ月の赤ちゃんから、3歳の子どもちゃんのお母さんの悩みはやはりおっぱい!おっぱいは足りているの?おっぱいを飲んでくれない。おっぱいと離乳食の兼ね合いが難しい。との話題が上がりました。悩んでいることをこの場で話すことでスッキリした表情になったお母さんたち。これが正しい、間違っているではなく、あれこれやってみて納得いくものを見つけ出していく。そう悩み、感じ、考えることを楽しむことができるのが育児なのですね。なかなかその時は必死で楽しむ余裕もなく、この悩みはいつまで続くの?と感じることも振り返れば微笑ましいことなのです。子育ては悩みが尽きません。
私たちのお母さん的な存在、助産婦荒川さんも見守ってくださっています。今の悩み、感じていることを話してみませんか?
来た時よりもみんなが笑顔になってお帰りになる姿を見るとこちらまで嬉しい気持ちになります。
どうぞ赤ちゃんのペースにあわせてお気軽にお越しください。

-会場-
近江八幡南口駅前「ことしん」さんの2階
-日時-
毎月第2木曜 10:00~
★予約不要です。遅刻・早退 ok!
初回のみ100円いただいています。

2018年のおっぱい塾開催日(毎月第2木曜)の日程は下記の通りです。

3月 8日
4月12日
5月10日
6月14日
7月12日
8月9日
9月13日
10月11日
11月8日
12月13日

赤ちゃんのペースに合わせて、お気軽にお越しください。

近江八幡おっぱい塾「楽楽」では、 お母さんと離れて育つ赤ちゃんにミルクを届ける取り組みをしています。お母さんと離れて育つ赤ちゃんに、我が子を育てられるお母さんの感謝の気持ちとともにお贈りいたします。
もしお子さんにミルクが不要になった方で、未開封・消費期限内のものがありましたらお知らせ下さい。
ミルクが生かされ、誰もが笑顔になれますように。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク